外観の色は最後まで悩み最終的に真っ白の漆喰に。

フランス・コートダジュールからスペイン・アンダルシア地方へとつづく美しい地中海の、海岸線沿いにつらなる真っ白な家並み。まさにそこに溶け込みそうな家が、青く高い空とまぶしい太陽の光に照らされて現れた。真っ白な壁にブルーグレーの鎧戸が良く映える。

「いくつかハウスメーカーを見て廻っているうちにレジェンダリーホームさんに行き着いたんです。」と奥様。「塗り壁の家にしたいと思って、いくつか他のメーカーさんにも相談したのですが、相談していくうちに、他のメーカーさんには塗り壁よりもサイディングのほうを奨められて・・・。やはりどうせ頼むなら塗り壁が得意な会社のほうがいいなぁと・・・。」
実はレジェンダリーホームに依頼すると決めたときは、はちみつ色の外観にしようと考えていたとか。「はじめはずっとはちみつ色の外観にしようと思っていたんです。ところがあるレジェンダリーホームの見学会で外観もインテリアも全て真っ白の漆喰の家を見て、ちょっと迷い出して・・・いよいよ材料を手配して実際自分の家に下塗りに白を塗ったのを見て、あまりにも自分の家に白が似合っていたので、急遽お願いして仕上げを変更してもらったんです。(笑)」紆余曲折をへてこのような美しい漆喰の白い壁の家になった。「内装も全て漆喰で塗って貰いました。子育てをしながら家にいる時間が本当に落ち着くんです。」と大満足の様子。

冬は薪ストーブの前に集まって家族団欒。

冬は薪ストーブが大活躍。「はじめからずっと薪ストーブは入れようと思っていたんです。レジェンダリーホームさんは薪ストーブの施工実績も豊富で安心してお願いできました。」とは旦那さん。「冬は薪ストーブの周りに私も妻も、娘も、そしてネコまで集まってしまいます(笑)。薪ストーブの熱を利用し、フランス製のホーロー鍋『STAUB(ストウブ)』でチーズフォンデュウィ作って食べたり、炎を見ながらゆっくりとコーヒーを飲んだり、ほんとに大活躍ですね!」と嬉しそうに話す旦那さん。薪ストーブを中心に家族が集まり団欒する様子が目に浮かぶ・・・。